太陽光発電メンテナンス技士資格

2012年7月に固定価格買い取り制度が制定されて以来、太陽光発電設備は全国に急速に増加しました。

特に20年間安定した収益が見込めることから産業用と呼ばれる大型の太陽光発電設備は政策の追い風にも乗って爆発的に増えたのですが、その反面導入が進み過ぎたことで地域によっては新規の設備建設が難しくなっています。


従来「メンテナンスフリー」と言われ導入が進んだものの、実際には5、6年が経過すると何らかの不具合が生じることも徐々に明らかになっています。


こうした背景から、設置された太陽光システムには引き続きメンテナンス等の既存設備向けのサービスが必要となっていき、急速に増えたタイミングからも分かるように、これからメンテナンスの需要が急速に増えることが予測できます。

一方で、太陽光発電設備のメンテナンス技術は基準となるものなどもないのが現状となり、メンテナンス技術の基準を策定、技術を共有することで、解決を図ります。それが太陽光発電メンテナンス技士資格です。


こちらの動画では、太陽光発電メンテナンス技士が求められるようになった背景、そして資格取得のメリットを説明しています。

※ニューオーダーでは、JPMA 一般社団法人太陽光発電安全保安協会様の動画制作をサポートしております。

0コメント

  • 1000 / 1000