知ってるようで案外知らない、YouTube広告の基本

YouTube 未分類

お金をあまりかけずに、もっと集客したいと考えていませんか?
どんな広告をどこに出せば良いのかわからない。そんな方には、YouTubeがオススメです。

YouTube広告とは?種類や仕組みを解説します

『YouTube広告』と言っても、その種類は1つではなく大きく分けて5つあります。
現在、広告を出そうと検討されると思いますがその前に、どのような種類があるのか基本を知っておきましょう。

その1:インストリーム広告
広告の種類の一つ目は、インストリーム広告です。
これは、他の広告に比べるとやや長めの動画広告になっており、5秒以上再生されるとユーザーが自らスキップできることのできる広告になっています。再生しないとスキップできないので、確実に広告に目を止めてもらえるのが特徴です。


その2:バンパー広告
2つ目は、バンパー広告です。
バンパー広告は、6秒以下の動画広告なので上記で述べたインストリーム広告に比べると時間が短いのが特徴です。


その3:オーバーレイ広告
オーバーレイ広告とは、YouTube動画を見ているときに画面下部に表示されるバナー形式の広告のことです。これは視聴しているユーザーの動画ジャンルに近い広告を、Googleが自動的にプログラムして表示させます。そのため、ユーザーが求めている広告が表示されやすくなっていることが特徴です。


その4:ディスカバリー(サイドバー)広告
ディスカバリー広告とは、PCでの視聴時のみ表示される広告です。
これはPC上であれば右上、デバイスでは視聴している動画のコメント欄下にある関連動画一覧の近くに表示されます。


その5:アウトストリーム広告
最後は、アウトストリーム広告です。この広告は、ウェブサイトやアプリなどYouTube以外で表示されるモバイル(PC以外)専用の広告です。スクリーンに広告が表示され、ミュート状態から自動的に再生が始まります。


YouTube広告の審査基準と禁止事項について

YouTube広告の審査条件は?
次に、YouTube広告審査の条件についてご紹介します。

YouTubeに広告を掲載するためには、審査に通らなければならないことをご存じでしたか。

その審査は、

①Google広告共通のポリシー

②動画広告の要件

の二つを照らし合わせて行われます。

逆を言うと、これらの要件に合うと広告出稿の許可がなされると言うわけですが、ここで気をつけたいことが一つ。
YouTubeの広告審査は人間の目で直接、判断されるのではなくAIで判断されています。そのため、これをしたら確実と言うことはないのが事実です。


掲載したい広告の審査は、新しい広告キャンペーンを作成すると自動で行われます。
広告キャンペーン作成の流れは以下の通りです。


①貴社が作成した広告用の動画をYouTube上に、一般公開または限定公開でアップロード


②Google広告に登録し、新たなキャンペーンを作成


③いくつかの設定を行い、広告動画のURLを添付


そのほかにも、①の動画をアップする前にどのような広告にするのか(コンセプトや伝えたいメッセージ)の検討やキャスト決めなど細かな作業が必要です。


ここまで行うと、ステータス(状況)が「審査中」となり、広告内容に問題なしと判断されると、数時間~数日程度で承認が行われます。その後、広告として配信が開始されます。ここで審査に落ちると「不承認」というステータスに変わりますが、審査に落ちた理由は表示されるのでご安心ください。

注意:不承認に関しては、実際にはある程度の理由は表示されるものの、映像のどの部分が審査にひっかかったのか、どう修正すれば通るのかは、完全には理解出来ないことがあります。


YouTube広告で禁止していること、最新情報


審査条件は上記のように説明されているものの、具体的な内容は公開されていないのが事実です。
また、お金を払うからといってどんな広告を出して良いとは限りません。

ここでは、どのような広告は出稿できないのか順番にご説明していきます。


まず、YouTube広告を含む全てのGoogle広告に共通するポリシーに違反していないか確認しましょう。Googleは大きく4つのことを禁止しています。

ポリシー違反になる広告1:偽造品

引用:偽造品とは、他の商標と同一、またはほとんど区別がつかない商標やロゴを使用している商品を指します。

ポリシー違反になる広告2:危険な商品
危険な商品とは、簡単に言うと人体に影響のある商品のことを指します。

引用:危険な商品やサービスの例: 危険ドラッグ(ケミカルやハーブ)、向精神薬、薬物を使用するための器具、武器および兵器、銃弾、爆薬および花火、有害な物品(爆発物など)の作成手順、タバコ関連商品

ポリシー違反になる広告3:不正行為を助長する商品やサービス

引用:ハッキング ソフトウェアおよびハッキング方法を説明するもの、広告やウェブサイトのトラフィックを人為的に水増しするサービス、偽造文書、受験代行サービス

ポリシー違反になる広告4:不適切なコンテンツ

引用:攻撃的または不適切なコンテンツの例: 個人や団体を対象としたいじめや脅し、人種差別、差別扇動団体が利用するツール、犯罪現場や事故現場の生々しい画像、動物の虐待、殺人、自傷行為、ゆすりや恐喝、絶滅危惧種の販売や取引、冒とく的な言葉を含む広告


結局、広告はどれを選べば良いの?


広告種類と言っても大きく5種類あるように、それぞれにそれぞれの良さがあります。
そして、広告出稿一つとってもルールや禁止事項があるのでYouTubeに詳しくない方にとって全て
をお一人で完結させるのは容易なことではないでしょう。


そこで、弊社ではYouTubeを知り尽くしたエキスパートが真摯に寄り添い、共に貴社のベストを探
します。広告を出稿したいけど、どうすれば良いかわからないという方も丸投げでOK!
「これってどうなんだろう」といった些細なことでも、どうぞお気軽にお問い合わせください。
全力でサポート致します。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ