YouTubeのタグとハッシュタグの違い、そして効果

YouTube

企業から個人まで、今や多くの人がYouTubeチャンネルを運営しています。

知名度があるからといって必ずしも成功できるわけではなく、しっかりと対策をしたうえで動画を更新する必要があります。

YouTubeを通してビジネス拡大を狙うためのポイントは、タグとハッシュタグです。

この2つの機能は、似ているようで異なる役割を持っています。

本記事では、YouTubeのタグとハッシュタグの有効活用について、コツやメリットを紹介いたします。

YouTubeのタグとは?

YouTubeのタグとは、動画の内容を一言で表すキーワードのことです。

動画を更新する際に、タイトルやサムネイルにこだわる必要があることはご存知かと思います。

それと同じくらい、タグ付けは重要です。

タグを付けることで、再生回数を伸ばすことができる可能性があります。

YouTubeのハッシュタグとは?

YouTubeのハッシュタグとは、頭に#(ハッシュ)を付けたキーワードのことです。

同じハッシュタグが使われた動画は結びつき、視聴者に発見されやすくなります。

最近は「#Shorts」というハッシュタグが頻繁に使用されています。

これは数十秒の動画に付けるものであり、ショート動画の人気は高まっているため必ず付けるべきです。

YouTubeのタグとハッシュタグの違いは?

タグもハッシュタグも、YouTubeチャンネルを伸ばすために必要なものです。

この2つの大きな違いは、アプローチの対象です。

タグは、YouTubeに対してアプローチし、関連動画に載ることを目的とします。

YouTubeのAIに自社の動画を認識してもらうことで、検索結果で上位に表示されやすくなります。

一方、ハッシュタグは視聴者に対してアプローチし、検索流入を目的とします。

視聴者に動画を発見してもらいやすくなるため、再生数アップが狙えます。

タグとハッシュタグは似ていますが、アプローチの対象が異なることを覚えておきましょう。

YouTubeでタグを付けるメリット

YouTubeでタグを付けるメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

関連動画として表示されやすくなる

1つ目のメリットは、関連動画として表示されやすくなることです。

同じタグやハッシュタグを使用している他の動画と結びつきます。

YouTube側に、カテゴリやタイプが同じ動画だと認識されるのです。

これによって、新たな視聴者の流入が期待できます。

検索画面で上位に表示される可能性が高くなる

2つ目のメリットは、検索画面で上位に表示される可能性が高くなることです。

YouTubeのアルゴリズムは、タグやハッシュタグから動画の内容を分析します。

適切なタグやハッシュタグを付けることで、内容が正確に認識されます。

その結果、検索画面で上位に表示されるようになるのです。

YouTubeでハッシュタグを付けるメリット

YouTubeでタグとハッシュタグを付けるメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

視聴者に動画が発見されやすくなる

3つ目のメリットは、視聴者に動画が発見されやすくなることです。

最近はハッシュタグ検索をする人が増えています。

InstagramなどのSNSでは、ハッシュタグから知らない人の投稿にたどり着くことがあります。

YouTubeでも同様に検索する人が多く、ハッシュタグを付けていると動画が発見されやすいです。

同じハッシュタグが付けられた他の動画が表示される検索結果ページにリンクされる

タイトルと説明欄にあるハッシュタグは、同じハッシュタグが付けられた他の動画が表示される検索結果ページにリンクされます。

ハッシュタグを有効活用するコツ

ハッシュタグを有効活用するコツとしては、次のようなものが挙げられます。

ビッグキーワードを狙う

ビッグキーワードとは、検索回数が多いメジャーなキーワードのことです。

例えば、「上場企業がYouTubeチャンネルを運営する際のポイント」というような動画の場合、ビッグキーワードは”企業”です。

ビッグキーワードから検索する人の数は多いため、再生数アップを狙えます。

ただし、表示される動画が多い分、埋もれてしまう可能性もあることを頭に入れておきましょう。

再生回数が多い動画のハッシュタグを使用する

再生回数が多い動画のハッシュタグを使用するのもおすすめです。

自社の動画と同じジャンルのハッシュタグを真似するのが良いでしょう。

人気のある動画のハッシュタグから、新たな視聴者が流入してくる可能性があります。


唯一無二のハッシュタグを付ける

唯一無二のハッシュタグを付けるのも大切です。

自社でしか使っていないハッシュタグがクリックされるようになれば、自社の動画のみが関連動画として表示されるようになります。

新たな視聴者が一つの動画を気に入ってくれた場合、唯一無二のハッシュタグから他の動画も見てくれます。

チャンネル全体の再生数アップが狙えますのでおすすめです。

タグを付けるコツ

タグを有効活用するコツとしては、次のようなものが挙げられます。

キーワードは重要な順番で

タグのキーワードは重要な順番で並べてください。

順番を意識しながら、タイトルと関連度の高いサジェストキーワードを使いましょう。

YouTubeで検索結果の上位を狙うためには、前半のタグが重要です。

チャンネル名をタグに入れる

チャンネル名をタグに入れることで、関連動画に自社の他の動画が表示されるようになります。

他の動画の再生数も同時にアップでき、YouTube側から高く評価されます。

抽象的なワードを使う

抽象的なワードを使うことで、YouTube側が動画の内容を理解しやすくなります。 例えば「企業がYouTubeチャンネルを運営する際に注意すべきこと」という動画の場合、”ビジネス”というタグを追加します。 そうすることで、ビジネス関連の動画であることを明確に示せます。

ハッシュタグを付ける際の注意点

ハッシュタグを付ける際の注意点は、次のとおりです。

動画に無関係のハッシュタグは付けないようにする

動画に無関係のハッシュタグは付けないようにしましょう。 不適切なハッシュタグを付けると、ペナルティを受ける恐れがあります。

ハッシュタグは必ず60個以内に

ハッシュタグは必ず60個以内にしてください。 60個以上のハッシュタグは無効になるため注意が必要です。

タグを付ける際の注意点

タグを付ける際の注意点は、次のとおりです。

必要な分だけ付ける

タグは必要な分だけ付けましょう。 無駄に増やすと、ポリシー違反になる可能性があります。

禁止ワードは使わない

YouTubeでは、ガイドラインで禁止されているワードがあるため、使わないようにしてください。

過度な期待はしない

タグとは、コンテンツを検索でヒットしやすくするために動画に追加できる説明的なキーワードです。動画の検索時には、動画のタイトル、サムネイル、説明などのメタデータのほうがタグよりも重要な役割を果たします。こうした主要な情報は、視聴者が動画を見るかどうかを決めるときの判断材料になります。

タグは、動画のコンテンツがスペルを間違えられやすいものである場合には役に立つことがあります。その場合を除けば、動画の検索時にタグが果たす役割はごく小さなものです。

まとめ

YouTubeのタグとハッシュタグを有効活用すれば、動画の再生数を伸ばすことができます。 自社のYouTubeチャンネルを伸ばし、ビジネス拡大を狙いましょう。 コツや注意点を踏まえて、タグとハッシュタグをうまく使いこなしてください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ