YouTubeショートのノウハウを学んで、YouTube企業チャンネル運用に活用しよう

YouTube

YouTubeは、今や誰もが視聴するプラットフォームになりました。

エンターテイメントからビジネスまで、幅広いジャンルの動画が日々投稿されています。

そんな中、最近はYouTubeショートが注目を集めています。

本記事では、YouTubeショートのノウハウについて、詳しく解説いたします。

YouTubeショートとは?

YouTubeショートとは、縦型の動画を投稿及び閲覧できる新しいサービスのことです。

動画の長さは最大60秒で、スマートフォン向けの縦画面になっているのが特徴的です。

スクロールするだけで次の動画に移れるため、テンポよく色々な動画を見ることができます。

気軽に視聴できることもあり、暇つぶしで見るユーザーが増えています。

YouTubeショートに力を入れることが、YouTubeチャンネル運用の成功に繋がります。

TikTokやInstagramのリールとの違い

YouTubeショートに似ているものとしては、TikTokやInstagramのリールが挙げられます。

これらとYouTubeショートは、似ているようで異なります。

YouTubeショートとTikTokの違い

TikTokは、縦型の動画を楽しめるアプリです。

動画の長さは、最大で3分となっています。

YouTubeショートとの違いは、「アプリの導線」と「ユーザー層」です。

TikTokの場合、アプリを立ち上げたらすぐに動画が表示されます。

しかし、YouTubeショートの場合、ショートタブを開くまで動画が勝手に再生されることはありません。

また、TikTokのユーザー層は10代の若者が多いですが、YouTubeは40〜50代の大人も多いです。

YouTubeショートとInstagramのリールの違い

Instagramは、写真や動画を共有できるアプリです。

リールという新たな機能が登場し、縦型の動画を投稿及び閲覧できるようになりました。

YouTubeショートとの違いは、「アプリを開く動機」です。

Instagramのリールの場合、動画を見る前提ではなく、興味のある人を探しているうちにリールにたどり着くというパターンが多いです。

一方YouTubeショートの場合、動画を見るためにアプリを立ち上げます。

YouTubeショートを使うメリット

YouTubeショートを使うメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

登録者数を伸ばしやすい

1つ目のメリットは、登録者数を伸ばしやすいことです。

YouTubeショートは、不特定多数の人にアプローチ可能です。

登録者数や再生回数が少ないチャンネルの動画でも、多くの人々に認知してもらえます。

そのため、YouTubeショートに力を入れることで、登録者数を伸ばすことができます。

簡単に投稿できる

2つ目のメリットは、簡単に投稿できることです。

短い動画ですので、難しい編集が必要ありません。

YouTubeの公式アプリを使うと、テキストや楽曲の追加などが容易にできます。

誰でも簡単に投稿できるというのは、大きなメリットと言えます。

YouTubeショートのポイント

YouTubeショートのポイントとしては、次のようなものがあります。

縦画面で撮影する

YouTubeショートは、縦画面で撮影する必要があります。

ユーザーはスマートフォンで視聴するため、必ず縦画面にしましょう。

横画面の動画をショートとして使うと、上下に黒い部分が表示されます。

これによってユーザーが離脱してしまう恐れがあるため、縦画面で撮影してください。

最初の3秒でインパクトを与える

YouTubeショートは尺が短いため、最初の3秒が重要です。

最初にインパクトがなければ、ユーザーはすぐに次の動画に移ってしまいます。

最初の3秒でインパクトを与えるように心がけましょう。

流行を取り入れる

YouTubeショートでは、常に流行があります。

流行を取り入れることで、動画が再生されやすくなる可能性が高いです。

ビジネスチャンネルを運営している企業でも、流行を取り入れることは重要です。

企業のYouTubeショート事例

企業のYouTubeショート事例としては、次のようなものが挙げられます。

大京警備保障株式会社

「大京警備保障株式会社」は、首都圏を中心に警備業を行っている企業です。

40〜50代の男性社員がダンスする動画などをアップし、人気を集めています。

YouTubeショートをうまく活用して流行を取り入れており、チャンネル登録者は45万人を超えています。

株式会社資生堂

「株式会社資生堂」は、化粧品メーカーとして知られる大手企業です。

YouTubeショートでは、自社製品やメイク術を紹介しています。

思わず商品を購入したくなるような構成のショート動画が多いです。

株式会社マイナビ

「株式会社マイナビ」は、転職サイト”マイナビ転職”を運営する企業です。

YouTubeショートでは、仕事や転職のあるある動画を公開しています。

ハイペースでショート動画を更新しており、着実に登録者数を増やしています。

エン・ジャパン株式会社

「エン・ジャパン株式会社」は、人材事業を行っている企業です。

YouTubeショートでは、36協定やハラスメントに関する動画をアップしています。

企業にとって役立つ動画が多いです。

まとめ

YouTubeショートをうまく活用すれば、チャンネルを伸ばし、ビジネスを拡大することが可能です。

ノウハウを身に付けて、積極的に動画を更新することが重要と言えます。

TikTokやInstagramのリールとは異なりますので、ポイントをおさえてYouTubeショートに取り組みましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ