越境YouTube運用 日本から海外に発信しているYouTuberを紹介

YouTube 未分類

YouTubeは、2005年に誕生しました。

当初はお金を稼ぐためのプラットフォームではなく、世界中からユニークな動画が自由に投稿されるサイトでした。

現在は職業としてYouTuberが成立するようになり、大人の視聴者も増え、日々様々な種類のコンテンツが公開されています。

そんなYouTubeで、日本から海外に発信している人がいます。

海外を意識した動画を作成すれば、より多くの人に向けてアプローチすることが可能です。

本記事では、日本から海外に発信しているYouTuberを紹介し、視聴者を増やすためのポイントなども解説します。

日本から海外に発信しているYouTuber

日本から海外に発信しているYouTuberとしては、次のような人が挙げられます。

JunsKitchen

「JunsKitchen」は、猫と暮らす日本人の男性が運営するチャンネルです。

日本ではあまり知名度がありませんが、世界的に有名です。

猫と一緒に料理を撮る映像がメインコンテンツで、100万回再生を超える動画が多数存在します。

主にアメリカをはじめとした海外の視聴者をターゲットにしており、動画内では英語で話しています。

日本特有の食材を使った料理を作ったり、自然の中で猫とピクニックに行ったりなど、のどかな日常を撮影しており、日本に興味がある海外ユーザーから支持されています。

チャンネル登録者数は500万人を超えており、大成功を収めています

That Japanese Man Yuta

「That Japanese Man Yuta」は、日本人の男性が英語で発信しているチャンネルです。

街頭インタビュー、恋愛、アニメなどのコンテンツを取り扱っており、特に恋愛系の動画が人気です。

日本人の女性とどのようにデートすれば良いか、日本人は本当に正しい漢字を書けるのかなど、海外の視聴者が興味のある動画の再生数が伸びています。

他にもマッチングアプリによって異性と出会うか、レンタル彼女を利用するかなど、日本人の恋愛事情が分かるような動画が多いです。

日本人と恋愛をしてみたい外国人の視聴者から支持されているようです。

チャンネル登録者は100万人を超えています。

Nobita from Japan

「Nobita from Japan」は、日本人の男性が英語でドキュメンタリー系の動画を発信しているチャンネルです。

チャンネルのキャッチコピーは「Revealing Real Japan」で、日本の本当の姿を明かすことが軸になっています。

精神病や性に関係することなど、シリアスな内容が多いです。

海外向けの日本に関する動画は、良い側面ばかりが取り上げられることもあります。

しかし、こちらのチャンネルでは、日本のマイナスな部分もリアルに映し出しているため、多くの海外ユーザーに支持されています。

チャンネル登録者数は60万人を超えています。

海外の視聴者を増やすためのポイント

海外の視聴者を増やすためのポイントとしては、次のようなものが挙げられます。

動画に字幕を付ける

1つ目のポイントは、動画に字幕を付けることです。

日本語で話すにしても英語で話すにしても、字幕があれば誰でも動画を楽しむことができます。

少なくとも英語だけは利用できるようにしておくのがおすすめです。

動画に字幕を追加する手順は下記のとおりです。

(参考:https://support.google.com/youtube/answer/2734796?hl=ja)

また、「チャンネル名」と「説明」も翻訳しておきましょう。

具体的な方法は下記を参考にしてください。

(参考:https://support.google.com/youtube/answer/2657964?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop)

また、「チャンネル名」と「説明」も翻訳しておきましょう。

具体的な方法は下記を参考にしてください。

(参考:https://support.google.com/youtube/answer/2657964?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

SNSで英語で発信する

2つ目のポイントは、SNSで英語で発信することです。

SNSは多くの人がやっているため、そこからYouTubeチャンネルにアクセスしてくれる可能性があります。

日本の情報を書いたり、チャンネル内で発信している内容を取り扱ったりして、海外ユーザーにアプローチしましょう。

プロフィール欄に自身のYouTubeチャンネルのURLを貼っておくと、スムーズな流入が期待できます。

YouTube広告を打つ

3つ目のポイントは、YouTube広告を打つことです。

YouTube内で広告を打てば、様々なユーザーにアプローチすることができます。

広告には主に「予約型」と「運用型」の2種類があります。

“YouTube Select”や”マストヘッド”などの予約型広告は、事前の予約が必要ですが表示は確実です。

“Bumper”や”TrueView”などの運用型広告は予約不要で、細かなハンドリングが可能です。

課金の種類もいくつかありますので、ベストなプランを選びましょう。

海外向けにおすすめのコンテンツ

海外向けにおすすめのコンテンツは、次のとおりです。

日常Vlog

日本の日常生活が気になる海外ユーザーは多いです。 将来的に日本に住みたいと思っていたり、旅行で行ってみたいと考えていたりする人には有益な動画と言えます。 ありのままの日常を撮影することが、重要なポイントです。 どんなルーティンで日々を過ごしているかなども発信すると良いでしょう。

日本食の紹介

日本の日常生活が気になる海外ユーザーは多いです。 将来的に日本に住みたいと思っていたり、旅行で行ってみたいと考えていたりする人には有益な動画と言えます。 ありのままの日常を撮影することが、重要なポイントです。 どんなルーティンで日々を過ごしているかなども発信すると良いでしょう。

海外向けに動画配信をしよう

日本の日常生活が気になる海外ユーザーは多いです。 将来的に日本に住みたいと思っていたり、旅行で行ってみたいと考えていたりする人には有益な動画と言えます。 ありのままの日常を撮影することが、重要なポイントです。 どんなルーティンで日々を過ごしているかなども発信すると良いでしょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ